【交通事故解決事例】労災が認定され、既払い金の他758万円を獲得できた事例

依頼者  自転車女性 40代後半

相手方  トラック

後遺障害 12級7号 可動域制限

傷病名  左足関節三果骨折

経緯

事故が起こった1年後に、派遣会社の社長からの紹介で依頼がありました。1年ほど通院している状況でした。自転車とトラックとの衝突事故であり、後遺障害12級7号の可動域制限に該当するものであり、傷病名は左足関節三果骨折でした。歩行障害によって、仕事にも影響がある状況でした。

対応

依頼を受けてから後遺障害の認定を行いました。仕事に支障をきたすレベルの歩行障害であったため、労災がおりるよう尽力しました。

結果

最終的には労災も出ており、過失相殺分が労災からおりるという結果になりました。依頼から解決まで約1年半を要しましたが、相手方の弁護士と過失相殺が問題になっていました。95:5とこちら側が主張していたところ、最終的には9:1で解決し、既払い金の他、800万円を獲得しました。(うち労災で80万円)

ポイント

依頼者が外国人であったため、保険会社とのやり取りを直接することが難しい状況でした。
日常会話程度の日本語レベルであることから、交通事故の専門用語を使うことが難しかったため、分かりやすいよう工夫して説明しました。

解決事例の最新記事

初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。