追突事故の被害者で62万円の示談金を獲得した事例【交通事故 解決事例】

依頼者様 男性 40代
事故様態 追突事故

ご相談の経緯

事故に遭われた後すぐにご依頼頂きました。
依頼者様は被害者であり、過失割合の点での争いはありませんでした。

当事務所の対応

人損については62万円(慰謝料52万円、休業損害他10万円)で示談しました。通院期間は4ヶ月でした。頚部挫傷・腰部挫傷での後遺障害認定の申請もしましたが、こちらは後遺症についての他覚所見無しとのことで非該当でした。

事故に遭った車は依頼者様所有の高級車(外車)で、物損の損害額(修理費、代車料)は300万円程になりました。こちらも相手方加入の保険により支払われました。

ポイント

依頼者の所有していた自動車が外車(高級車)であったため、損害額の算出が大きくなりました。

高級車による交通事故の場合、損害額の算出が重要になります。示談する際の金額も大きくなるため、事故後早期に専門家へ相談することを推奨します。

解決事例の最新記事

初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。